対策次第で成功する!屋上緑化で知って役立つ注意点

屋上緑化に必要!植物と生活環境を守る害虫対策

都市地域では、高度に発達した街並みがあります。一方で、自然派少ない傾向にあります。その都市の特徴も、屋上緑化で改善されることに期待ができます。屋上に緑を植えることにより、自然を都市にももたらすことができるのです。ただし、屋上緑化を行うには事前に注意すべきポイントもあるでしょう。緑を屋上に植えるのであれば、害虫対策も同時に行っておいた方がいいでしょう。都市住人の平穏な暮らしに、害虫対策による屋上緑化が必要です。

手入れが大切!屋上緑化後のメンテナンス

植物は、植えておけば勝手に都合よく育つというものではありません。きちんと手入れを行わなければ、かえって悪い結果をもたらしかねないでしょう。屋上緑化の後には、植物に水や肥料を与えるなどの世話を行う必要があります。また一方で、育ちすぎた植物は、周囲に悪影響を与えます。大きく育った屋上緑化の植物については、適度に刈り取るなどの剪定を行わなければなりません。屋上緑化は、植物の管理もセットで考えることでよい結果が表れます。

適切な利用のために!屋上緑化の場所を見回り

屋上緑化は、都市環境の改善に役立ちます。また市民の憩いの場として、屋上を開放することも良い活用術です。ただし、屋上が適切に使用されているかどうか、定期的な管理を必要とします。特定のグループが屋上に集まるようになり、周囲に迷惑をかける可能性があります。屋上緑化したスペースは、開かれた場所にすることが大切です。管理責任者は屋上緑化したスペースを定期的に見回り、利用状況を確認しておくと、後のトラブルを防ぐ効果があります。

屋上緑化とは建物の屋上に芝生や植物を植えることです。行うことで天井からの熱を遮ることができ室内の温度上昇を抑える効果が期待できます。