ブランド品を高値で買い取ってもらうためのポイント

付属品をしっかりそろえる

ブランド品を高く買い取ってもらうための第一のポイントは、付属品がそろっていることです。これは購入した時に、本品に付いてくるものです。まず、商品が入っていた外箱、保存するための保存袋などを思い浮かべる人が多いでしょう。これに加え、保証書やギャランティカードも大事です。特にギャランティカードは、その品物の真贋を証明するものとなり、これがないと買取を拒否される場合もありますので、絶対に失くさないようにしましょう。

カビ・ニオイがつかないように保存する

カビやニオイがないことも、高値買取に大切です。湿度が高い日本では、適切な保管をしないとすぐカビが発生してしまいます。風通しがよく、湿気の少ないところに保管をし、乾燥剤を入れるなどの工夫をしましょう。雨などで濡れた場合は、すぐに陰干しでしっかり乾かすことが大切です。また、ニオイうつりのしない環境で保管をすることです。防虫剤を使う場合は、無臭のものを選ぶこと、コロンや化粧品などを近くに置かない、といったことに注意しましょう。

傷・シミは早めの売却か専門店での修繕で対処

傷やシミがないことも、買取価格を落とさないために必要ですね。とはいえ、普段から気をつけていたとしても、長く使っている間には、少しの傷やシミはついてしまいがちです。例えば、バッグが人ごみでぶつかったり、財布をバッグから取り出す際にファスナーに引っかけてしまった、などということもあります。シミに関しても、雨粒がかかるなどして、できてしまうことも少なくありません。これらを完全に防ぐということは、無理と言っていいでしょう。ですから、使わなくなったブランド品は、傷やシミをつけてしまう前に、早めのうちに売りに出してしまう、というのも一つの考え方です。それでも少しでも高く売りたい、という人はブランド品を専門とするクリーニング店で、修繕してもらうこともできます。

ブランド売却なら銀座で買取に査定を頼んでみると良いでしょう。高額買取りや出張査定など様々な特典が受けられます。