失敗NG!フォーマルドレスの選び方を知ろう

友人の結婚式にお呼ばれ!失敗できないドレス選び

友人の結婚式に招待されたら、友達の顔を立てる意味でもドレス選びは失敗できないものですよね。昔に比べて結婚式自体が簡略化してきてはいるものの、友人として招かれる場合は失敗できませんね。必ず守るべきなのは、白のドレスは必ず避けること、ピンクやオレンジ、イエローといった新婦のお色直しドレスの定番色も避けましょう。結婚式には体のラインが出るタイトなドレスは結婚式の清楚なイメージにそぐわないのでNGです。また、ノースリーブなどの袖のないドレスは、ボレロやショールを身に着けて腕や肩を隠すのがマナーですから、暑い時期の結婚式でも必ず身につけましょうね。

フォーマル度が高い式ではマナーをしっかり守ろう

結婚式は、会社関係や親族が多く参列する場合、フォーマル度が高くなります。その際は、昔から言われてきているマナーをしっかり守るべきです。ヘビやワニ、毛皮といった殺生を連想させる素材はお祝いの席で身に着けてはいけないといわれていますし、サテンやスパンコールといった光沢のある生地も相応しくないとされます。フォーマル時は、ドレスは膝下丈がよいと言われているので、昼間の挙式の場合は膝下、夜の挙式はロング丈のドレスを着用し、できるだけ胸元が開いていない露出度の低いものを選びましょう。

結婚式二次会のドレスや親族として出席する場合は?

結婚式の二次会は一次会の披露宴に比べてフォーマル度も低くなるので、マナーも緩くなりますが、花嫁のカラーである白いドレスは避け、会場を華やかにするカラードレスを着用するとよいでしょう。夜開かれることが多いので、露出度もさほど制限されません。一方、親族として結婚式に招かれた場合は、フォーマル度の高い控えめなドレスを選ぶことが大切です。親族は、新郎新婦の身内なのでゲストをもてなすという意味で、控えめな格好が求められます。

ドレスはレンタルがお得です。様々な物を借りることができますし、料金も高くないのでパーティーなどでは便利です。